|Contact Us   Global

蓄電池の研究開発においてAFMは欠かせないツールとなっています。特に、走査型広がり抵抗顕微鏡(SSRM)は、電池特性に直接影響する局所電気特性を評価できる手法として注目されています。SSRMはメーカー等による応用展開が進んでいますが、論文等による報告が少ないため測定の実態を知る機会がそれほど多くないというのが現状かと思われます。  産総研電池技術研究部門では、比較的早い段階から蓄電池研究にSSRMを取り入れ、酸化物、硫化物、フッ化物など様々な材料の測定を行い、測定技術・ノウハウの蓄積を積み重ねてきました。  本ウェビナーでは、SSRMやAFMを蓄電池研究でより広く活用してもらうことを目指して、産総研におけるSSRMの測定事例を紹介します。また、先端研究事例として、c-AFMを用いた局所電気化学測定についても紹介する予定です。

Park Lectures - Park Atomic Force Microscope